補足説明 2
              補足説明 
                   
yahoo オークション補足説明

   ◆大阪歩兵第8聨隊・南支派遣・廣東守備隊
         『生写真帖・日本軍伝単』◆

NO1 表紙
NO2 陸軍特別大演習 、 昭和7年 大阪及び奈良地方、天皇陛下御召列車。
NO3 陸軍大臣 宇垣大将閣下。参謀総長閣下。
NO4 師団長閣下。旅団長閣下。
NO5 中隊長殿。本アルバム所有者 野田重夫殿。
NO6  昭和7年秋 大阪及び奈良地方 陸軍大演習。閲兵式。
NO7 大演習 御観覧。大演習の説明。
NO8 大演習 御観覧 。
NO9 大演習 渡河作戦。
NO10 夜間演習。
NO11 戦車の活躍。
NO12 信太山演習場ニテ。
NO13 営内休息。左側の人 野田重夫殿。
NO14 陸軍々医小佐 相当官 陸軍病院長 。野田重夫殿。
NO15 松沢部隊1同。
NO16 戦友と家族。 野外演習途上で武装した兵士が民間人と写真に写るのは稀です。
NO17 中国に渡る輸送船団の船上にて。
NO18 右側 広州のお寺前で、完全武装の我が兵。下段 余暇に川で魚獲り(広州ニテ)。
NO19 広東入城、右側上段 装甲車で列車を牽引。中段 休息中の我が軍。下段 休息中に
     焚き火。2列目、上段 トラック隊の資在材運搬。中段 資材運搬。
     左側 上段 広州の民家の前で記念写真、裏面に憲兵閲覧済み印有り。下段 敵兵の
     チェコ機関銃を見る兵士。
NO20  仝上 部分拡大、装甲自動車で貨車を牽引。
NO21 右側 上段 露店の物売りの前に立つ日本兵。中段 水上生活者の船と川。2列目、
     坂の有る街並。下段 川とジャンク船。左側 「利用厚生」と書かれた門の物売りと兵隊。
NO22 仝上 部分拡大写真 露店の物売りと兵士。
NO23 右側上 門屏と唐獅々。下段 1輪車を押す中国人。2列目 白壁に「□快脱離蔣政権」と
     書かれた宣伝文の前に立つ日本兵。下段 レンガ造りの屏に「無誰児妻」と書かれ、
     「青三隊製」と書かれています。マンガチックに書かれた絵は宣伝文(伝単)に良く使用され
     極似した絵柄の伝単が存在します。 絵の内容は右側は裸の女性が銃剣様な物が胸に刺
     され前に立つ兵士は軍袴の紐を結んでいます。(強姦された後殺された様に解釈できます
     ?)右側の兵士は幼児を抱いた女性の髪を掴んで銃床で叩いてます。 左側上段 レンガ
     造りの壁に 「抗戦到底」 と書かれてます。下段 石塔の下にも宣伝文が書かれております。
NO24 仝上部分拡大。
NO25 日本軍宣撫班の宣伝文=伝単 「 當日軍進入廣東 (日本軍広東に進入)」。
     「汝等華商民衆将以何法対日軍耶」。「民衆諸君本回我精鋭日本大軍来粤(廣州)之
     目的列在如左」。以上が表題で内容は三項目に分かれています。 内容を省略して、
     日本軍が粤(エツ)に来たのは蒋介石一派の軍閥及び抗日赤魔(共産軍)を撃滅す
     る為です。日本軍に協力すれば中国民衆の生命財産を保障し安全と幸せを保証します。
     と書かれております。日本軍宣部班製作したもので、多分日本語的中国語が多いので
     何方もやや文章の意味を理解できると思います。大きさ巾13,五cm・長さ20cm。
NO26 廣東市街 郊外の風景、右側上段 水上生活者の船、下段 川沿いの民家、左上段
    川とジャンク船、川とアヒル飼いの小船。
NO27  昭和13年6月20日、 野田重夫殿 出征記念写真。


                           


     
♪長い時間ご覧頂き有難う御座います♪
 

           


           
  

 ※昭和30年・20歳で北海道から1人で出てきて26歳で立ち上げた此の会社
  今年(2012年)で半世紀(50年)になりました。78歳現役頑張ってます。
  元気で皆様にお会い出来ます様に♪