このホームページを利用して古物の取引を行っておりますが、「東京都公安委員会にURLの届出」が
     なされております。                               

             私の住んでる街 東京都大田区

         お蔭様で  株式会社葵工業  創業50年です、有り難う御座います。







           
 私の住んでる街は、東京都の南端に位置し、
アゴヒゲアザラシの「タマちゃん」が出没した多摩川を渡れば川崎です。
 旧東海道三原の脇の現在は、第一国道と都道・産業道路の分岐点
の三角地に位置し、裏手の国道沿線には,明治天皇の行幸の梅屋敷
公園があり 、羽田空港がすぐ近くに有ります。
 この地は古くから海苔の産地として有名であり、浅草海苔の供給地
で有り、海苔採り漁師が住んでいた所でした。

 昭和三十年代を境にして海岸線は埋めたれられて、その面影はありません。
 其の後にはお馴染みの平和島の骨董祭の会場の 流通センターなどが建てられています。
 店の付近には江戸時代から海苔を取り扱っている、店や現在有名な海苔店が多く点在しています。
 江戸時代に書かれた「東海道名所図絵」に依れば,街道筋には旅人の土産にススキで出来たフクロウが,
 軒下に吊るされていた。と書かれていますが、今は其の伝統は受け継がれてはいません。
  晴れた日に高い所に上がれば、神奈川・丹沢塔ヶ岳の上に霊峰富士山が望めます。
 挿絵の解説  安藤広重の筆による縮緬版画 東海道 大森縄手
           江戸時代の大森村の田園風景を描いた絵で、向こうに藁葺きの農家の集落が見え、
           多摩川が近くを流れ、遠く丹沢塔ヶ岳の上には霊峰富士山が見える。
昭和初期大正終わり頃の多摩川の鉄橋を渡る京浜急行鉄道の客車。 大森海岸の昭和初期頃の海水泳場風景、
現在は埋め立てられてその面影も有りません。 大森海岸には多くの漁師さんが住まい漁と浅草海苔を業としてい
ました。少し行くと多摩川が有り、川崎と蒲田を渡し船が行き来していました。

HOME     次に